アカウントのセットアップ

1.
カスタマー・ポータルにログイン

アカウントが最初に作成された際に E メールで受け取った資格情報を使用して、カスタマー・ポータル にログインします。

2.
アカウント連絡先情報の検証

アカウントの外部連絡先情報は、カスタマー・ポータルで、アカウントに関する問題や変更を通知するために使用される情報です。通知 E メール・アドレスは個別アドレスと配布リストのどちらにすることもできますが、重要なアラートが見落とされないように、常に最新状態でなければなりません。外部連絡先情報を変更できるのは、マスター・ログイン資格情報を使用してアカウントにログインしている場合だけです。

会社のプロファイルを確認するには、カスタマー・ポータルにアクセスしてください。「アカウント」>「会社のプロファイル」を選択してください。カスタマー・ポータルで更新要求を送信することで、会社のプロファイルの変更をいつでも要求できます。

3.
請求の詳細の検証

毎月の支払い方法は、アカウントに関連した支払いに対して繰り返し毎月請求されるカードです。請求が適切に行われるように、すべての情報が正確であることを確認してください。請求情報が変更された場合は、継続的な支払いが適用されたときに問題が起こらないように、すぐにこのエリアを更新してください。

支払い方法を変更するには、control.softlayer.com にアクセスしてください。「アカウント」>「請求」>「支払い方法」を選択してください。

4.
ユーザーの追加と役割の作成

SoftLayer, an IBM company に新規ユーザーを追加するには、カスタマー・ポータルのユーザーの追加機能を使用してください。アカウントへの新規ユーザーの追加の詳細については、「Add a New User to a Customer Portal Account (カスタマー・ポータル・アカウントへの新規ユーザーの追加)」を参照してください。

すべての SoftLayer アカウントの新規ユーザーは、新規ユーザーとしてのログインを実行する必要があります。こうすると、アカウント固有のセットアップ・タスクを学習する必要なしに、SoftLayer とポータルに慣れ親しむことができます。

一部のお客様は、共通のタスクを共有するユーザーのグループに単一のユーザー名を割り当てています。例えば、会社の売掛金勘定チームがすべて、ログイン「1234567-AR」を共有しているとします。このような役割に固有のユーザーは、SoftLayer アカウントの多様な製品とサービスへの許可ベースのアクセス権を持っています。ユーザーのグループが役割に固有のユーザー・アクセスを共有することも、アカウントで個々のユーザーをセットアップすることもできます。アカウントのマスター・ログイン資格情報は完全な制御を持つため、これをユーザー間で共有しないことをお勧めします。

5.
SoftLayer プライベート・ネットワークについて学習する

SoftLayer は、ユーザーとデバイスへのプライベート・ネットワーク・アクセスを無料で提供しています。プライベート・ネットワークで使用される帯域幅はすべて使い放題で無料です。プライベート・ネットワークのアクセスの利便性には、フェイルオーバーのための他のデータ・センターへのデバイス環境の複製、フロントエンド・システムからデータベース・サーバーへのアクセス可能性、システムへのセキュアなアクセスと管理など、数多くのメリットがあります。SoftLayer のプライベート・ネットワークには、VPN を使用してアクセスできます。VPN は、使用前に各ユーザーのアカウントで有効にしておく必要があります。

プライベート・ネットワークにアクセスするには、ユーザー・リストからユーザーの VPN アクセスを編集します。「仮想プライベート・ネットワーク」ページの手順に従って、さまざまな VPN オプションの 1 つに接続します。

6.
イベント管理システム経由で通知をサブスクライブ

イベント管理システムは、計画外のインフラストラクチャーの問題や今後予定されている保守イベントに関する情報をユーザーと共有する方法を最適化するツール・セットです。ユーザーは、このシステムを使用して通知をサブスクライブし、これらのタイプのイベントとユーザーのサービスに対するイベントの影響の詳細が記載されたアラートを受け取ることができます。通知のサブスクライブはオプションであり、カスタマー・ポータルで新規ユーザーとして追加されるときにはデフォルトでアンサブスクライブ状態になっています。必要な情報が受信ボックスに直接配信されるように、サブスクリプションを確認してサブスクリプション状況を更新することをお勧めします。これらのサブスクリプションは通知のみを目的として保存されるため、ご安心ください。サブスクライブ時のご依頼内容を超える連絡を受け取ることはありません。

イベント管理システムには、現在、ポータルの管理バージョンからアクセスできます。サブスクリプション状況を確認して、Update an Event Management System Subscription の手順を使用して通知をサブスクライブしてください。

7.
デバイスの確認とセットアップ

ここをクリックして、カスタマー・ポータル内の「デバイス・リスト」を参照します。すべてのデバイスの詳細は「デバイス・リスト」に表示されます。ここで、デバイスの管理、デバイスのアップグレード、帯域幅使用グラフの生成を行うことができます。

新規デバイスのセットアップについては、以下の操作方法を使用することをお勧めします。

ベア・メタル・サーバーのセットアップ >
仮想サーバーのセットアップ >
 

chat

連絡先情報

サポート (契約者専用)
 
03 (4588) 8267 / 0120-551-150 (フリーダイヤル)
 
営業
 
03 (4588) 8466
 
アカウント/請求
 
214.442.0604 (USA ローカル)