VPN の概要

概要

VPN アクセスは、ユーザーが弊社のプライベート・ネットワークで自分のアカウントに関連付けられているすべてのサーバーとサービスをリモート側で管理できるように設計されています。ロケーションからプライベート・ネットワークへの VPN 接続により、暗号化された VPN トンネルを介した無制限のファイル転送、アウト・オブ・バンド管理、サーバー・レスキューが可能になります。プライベート・ネットワークを使用する通信は本質的に安全性が高く、ユーザーは、自分はサーバーにアクセスしながら、パブリック・アクセスを制限するという柔軟性を得られます。アカウントにあるすべてのユーザーに、SSL と PPTP の両方として使用できる VPN のアクセス権限を付与できます。SoftLayer カスタマー・ポータルを介した VPN での対話により、ユーザー・レベルで VPN アクセスをカスタマイズできます。

特長

VPN アクセスでは、プライベート・ネットワークに接続してサーバーとサービスを管理するための 2 とおりの方法があります。オプションは、SSL 接続と PPTP VPN 接続です。ユーザーの個々のニーズや設定に基づいて、いずれかの方法を使用してプライベート・ネットワークに接続します。

SSL VPN 接続

SSL VPN は、ブラウザーから直接プライベート・ネットワークに接続するクイック・アクセス接続です。SSL VPN は、Windows XP 以上、ActiveX、Fedora、Mac OSX と互換性があります。プライベート・ネットワークへのグローバル・アクセスでは、最寄りの VPN エンドポイントの選択が可能な単一の URL で迅速かつ容易にアクセスできます。

サブネットの制限: SSL VPN クライアントには、ルーティング・テーブルを取り込むために使用できるサブネットが 64 個というハード制限があります。アカウントに 64 個を超えるサブネットがある場合は、手動でのサブネット割り当てを使用するために SSL VPN 許可を変更する必要があります。そうしないと、一部のサブネットに SSL VPN を介して到達できなくなる可能性があります。

PPTP VPN 接続

PPTP VPN では、デスクトップや、ファイアウォールやルーターなどの専用デバイスで OS 固有のクライアント・ソフトウェアを使用してプライベート・ネットワークにセキュアに接続できます。現時点では、Windows XP 以上、Fedora、Ubuntu、Mac OSX 向けに VPN 接続を提供しています。PPTP 接続オプションは、オフィス全体を接続する必要があるか、SSL VPN オプションを使用して接続できない場合に対応するよう設計されています。オペレーティング・システムで VPN 接続がセットアップされるときに選択できる単一のデータ・センターとの PPTP 接続が確立されます。

主要機能

弊社のプライベート・ネットワークは、並ぶものがなく、サーバーと通信してサーバーを管理するための無料の手段となります。VPN は、このネットワークへのゲートウェイです。弊社は、世界中で接続可能なアクセス・ポイントを多数提供しています。そのため、可能な限り最高かつ最高速のアクセスと対話が可能になります。SoftLayer は、現時点では以下の都市に VPN アクセス・ポイントを配置しており、近い将来、このリストをさらに拡大することを計画しています。

VPN の使用

SoftLayer のプライベート・ネットワークへの VPN アクセス・ポイントのリストについては、http://www.softlayer.com/vpn-access にアクセスしてください。