Linux での NAS ストレージのマウント

概要

Linux ベースのオペレーティング・システムで実行されるデバイスに NAS ストレージをマウントするには、OS 内のシェルまたは端末で一連のシンプルなコマンドを使用します。 この手順では、以下のいずれかのオペレーティング・システムで NAS ストレージをマウントするために必要なステップの概要を示します。

  • RedHat Enterprise Linux
  • CentOS
  • CloudLinux
  • Debian
  • Ubuntu

大部分のステップは上記にリストされているすべてのオペレーティング・システムに適用されますが、CIFS ユーティリティーが Debian および Ubuntu にインストールされているかどうかを確認するために必要なコマンドは、それぞれに固有のものです。 以下のステップに従って、Linux ベースの OS に NAS ストレージをマウントします。

NAS ストレージのマウント

  1. ご使用のデバイスの OS が RedHat Enterprise Linux、CentOS、または CloudLinux であるか、もしくは Debian または Ubuntu であるかを確認します。

  2. デバイスで実行される OS…

    手順…

    RedHat Enterprise Linux、CentOS、CloudLinux

    以下のコマンドを実行して、cifs-utils ユーティリティーがインストールされているかどうかを確認します。

    root@slnastest [~]# rpm -q cifs-utils

    注: cifs-utils がインストールされていない場合は、次のメッセージが表示されます。

     

    package cifs-utils is  not installed



    • cifs-utils がインストールされている場合は、次のステップに進みます。
    • cifs-utils がインストールされていない場合は、次のコマンドを使用してこのユーティリティーをインストールします。


    root@slnastest [~]# yum install cifs-utils

    Debian または Ubuntu

    以下のコマンドを実行して、cifs-utils ユーティリティーがインストールされているかどうかを確認します。

     

    root@slnastest:~# dpkg-query -S cifs-utils

     

    注: cifs-utils がインストールされていない場合は、次のメッセージが表示されます。

     

    dpkg-query: no path found matching   pattern *cifs-utils*.

    • cifs-utils がインストールされている場合は、次のステップに進みます。
    • cifs-utils がインストールされていない場合は、次のコマンドを使用してこのユーティリティーをインストールします。


    root@slnastest [~]# apt-get install cifs-utils
    root@slnastest:~# dpkg-query -S cifs-utils
    cifs-utils: /usr/share/doc/cifs-utils
    cifs-utils: /usr/share/doc/cifs-utils/changelog.gz
    cifs-utils: /usr/share/doc/cifs-utils/NEWS.Debian.gz
    cifs-utils: /usr/share/doc/cifs-utils/changelog.Debian.gz
    cifs-utils: /usr/share/doc/cifs-utils/copyright


  3. 次のコマンドを使用して、ディレクトリーを作成し、デバイスをマウントします。

    mkdir /local/mountpoint
    mount -t cifs //Hostname/Username -o username=username,password=password,rw,nounix,iocharset=utf8,file_mode=0644,dir_mode=0755 /mnt


    例:

        root@slnastest [~]# mkdir /mnt/nas
        root@slnastest [~]# mount -t cifs //nas05.service.softlayer.com/SL12345-1 -o username=SL12345-1,password=NASPASSWORD,rw,nounix,iocharset=utf8,file_mode=0644,dir_mode=0755 /mnt/nas
        root@slnastest [~]# df -Th /mnt/nas/
    Filesystem    Type    Size  Used Avail Use% Mounted on
        //nas05.service.softlayer.com/SL12345-1
                  cifs     54T   49T  5.3T  91% /mnt/nas

  4. リブート時に NAS をマウントするかどうかを決定します。