Abuse

不正使用部門とも呼ばれる SoftLayer ポリシー適用は、SoftLayer のお客様、SoftLayer 以外のお客様、行政機関が受け取る苦情を処理することによって、SoftLayer の受け入れ可能な使用ポリシーを積極的に適用します。お客様とそのユーザーに影響を与える不正使用を管理することで、お客様のデバイスや IP レピュテーションに関して可能な限り最良のサービスを確保し、ネットワークと帯域幅の速度をピークのパフォーマンス維持します。

不正使用が報告された場合、弊社のチームは、できるだけ多くの証拠を使用して文書化された特定の問題のチケット発行を担当し、恒久的な解決策に達するまでお客様をフォローします。また、不正使用部門は、SORBS や Spamhaus などの広く認められた信頼できるリアルタイム・ブラックホール・リスト (RBL) の大部分のブラックリスティングの問題を支援することができます。リストを SoftLayer が直接削除できない (サード・パーティーの E メール・プロバイダーなど) 場合、お客様に代わって確認を支援することができます。

SoftLayer のお客様は、SoftLayer カスタマー・ポータルを使用して不正使用申告用チケットをオープンすることによって、不正使用部門と連絡を取ることができます。不正使用申告のチケット応答時間は平均で約 4 時間です。情報が見つかる場合、およびアクションが SoftLayer によって取られるか、お客様によって要求される場合、チケットが更新されます。

SoftLayer のお客様ではない場合でも、SoftLayer ネットワーク上の 1 つ以上のデバイスまたは IP アドレスに関する不正使用を報告したい場合は、不正使用部門に E メールを送信してください。大量の照会が不正使用部門へ E メールにより送信されるため、すべての E メールに回答できるわけではありませんが、不正使用のすべての報告は、必要に応じてチームのメンバーによって調査され、社内で文書化され、可能な限り迅速に解決されます。